YR Gallery – ポスターのデザインはプロに依頼しよう

YR Gallery – ポスターのデザインはプロに依頼しよう
ribbon

ポスターのデザインはプロに依頼しよう

・ポスターデザインは素人でも可能
ポスターのデザインは、デザイナーでなくてもできます。
まずはメモ帳でも良いので、ポスターに折り込みたい情報を書き込んで選別します。
次に書き出した情報の中から、特に顧客に訴えたいもの順にランクをつけます。
例えば、イベント開催を知らせるポスターを制作するとしましょう。
すると1番に訴えたいのは「イベントの名前」で、「開催日時」と「開催場所」が後に続きます。

ランク付けが終わったら、それぞれの要素に味をつけます。
1番に訴えたい「イベントの名前」は、ひと目でわかるように目立たせます。
2番目に訴えたい「開催日時」は「イベントの名前」の要素の邪魔にならないよう気を付けつつも、変化をつけて味をつけます。
それぞれの要素に味がつけば、後はポスターに配置して完成です。

▼ 目次

印刷も家庭用プリンターで

仕上がったポスターデザインは、サイズにもよりますが、家庭用プリンターで印刷することができます。
ただ家庭用プリンターの場合、最大でもA4サイズ(コピー用紙サイズ)までしか対応していません。
でも1枚のポスターデザインを分割して印刷すれば、大きいサイズのポスターの印刷も可能です。
どういうソフトを使用して印刷するかにもよりますが、設定はそんなに難しいものではありません。
最近のプリンターは性能がよくなり、細かい部分まで綺麗に印刷することができるようになりました。
ディテール調節も可能で、クオリティもかなり高いです。
だからこそ「ポスターのデザインは自分達でできる」と、考えている方もいらっしゃるでしょう。

素人臭いポスター

デザイナー職以外の人が手がけたポスターは、素人臭さが滲み出ています。
一応形にはなっているものの、顧客に何を伝えたいのかがわかりません。
イベント告知のポスターでも、イベント開催を広めたいのか、イベント会場となる場所を知らせたいのかが分からなくなります。
中には目立たせようと、派手な色使いのポスターもよく見かけます。
でもどの要素も派手な色で占められており、見るだけで目が痛くなります。

プロのデザイナーと素人デザイナーの特徴は、引き算が出来ているかどうかです。
プロのデザイナーは、出す所は出して引く所は引いているので、ポスターで何を伝えたいのか一目見たら分かります。
でも素人デザインは何もかも全部出しているので、何を伝えたいのかわかりません。
伝えたいことがわからなければ、結果に繋がることもないでしょう。

作ったポスターはボロボロに...

プロのデザイナーと素人デザインのポスターは、印刷にも差が出ます。
そもそもポスターは、屋内や屋外で人通りが多い所に貼られるものです。
屋内ならばまだしも、屋外で使うポスターとなると大変なことになります。
もしも雨が降ったのならば、家庭用プリンターで印刷したポスターは、見る影もなくなるでしょう。
こればかりはメーカーにもよりますが、家庭用プリンターの多くは水性インクが使用されています。
水性インクは耐水性に弱く、一滴の水でも命取りです。
一方デザイナーが手がけたポスターは、印刷業者によってプリントアウトされるので、少しの水で崩れることはありません。
使用する紙やインクによっては、台風にも耐えることができます。

プロが手がけたポスターとは

プロが手がけたポスターのデザインは、それぞれの要素がしっかりと活かされているのが特徴です。
冒頭に挙げた、イベント開催の告知ポスターをプロのデザイナーが担当したとしましょう。
デザイナーは要素を深く掘り下げて、顧客にダイレクトに伝わる効果を付け加えます。
効果は派手に演出するものもあれば、あえて控えめに抑えることもあります。
控えめにするのは、1番に目立たせたい要素を引き立てるためです。
また揃えがしっかりしているのも、プロが手がけたポスターの特徴です。
揃えがしっかりしていると情報がまとまり、顧客に伝えたいメッセージもハッキリします。

印刷のクオリティは?

ポスターの印刷も、プロのデザイナーに頼めば安心です。
デザインは仕上がったら終わりではなく、形にして初めて完成します。
制作したポスターは何処でどういう形で使われるのかを考慮した上で、使用する紙やインクを選別します。
印刷の紙やインクについて説明すると、キリがありません。
でも屋外で使うなら頑丈な仕上がり・屋内なら綺麗な仕上がりになるように、配慮してくれるでしょう。
当然ながら印刷のクオリティは、家庭用プリンターの比ではありません。
最近の家庭用プリンターも高性能な印刷ができるようになりましたが、業務用と比べると、どうしても劣ってしまいます。

ポスターデザインをプロに依頼するには?

ポスターのデザインを依頼するのなら、プロのデザイナーに直接頼むのが1番です。
デザイナーにポスター制作を依頼する場合、1番簡単な方法は、デザイン事務所にかけあうことでしょう。
「デザイン事務所」と聞くと敷居が高く感じるかもしれませんが、基本的にアットホームな所なので、気負う必要はありません。
ポスターのデザインは、デザイン事務所と二人三脚で作り上げるものです。
例えデザインの「デ」の文字が分からなかったとしても、問題ありません。