ポスターデザインがわからないのなら

YR Gallery – ポスターのデザインはプロに依頼しよう
Home » ポスターデザインについて » ポスターデザインがわからないのなら
ribbon

ポスターデザインがわからないのなら

・街中のポスターを観察する
ポスターのデザインをどうすれば良いのか、わからないという方も多いでしょう。
ある程度イメージは思い浮かんでいるものの、ハッキリとした形になっていないとおもいます。
ハッキリした形になっていない原因は、ポスターをじっくりと見ていないからです。
そもそも元からないものを作るのは、非常に難しい作業です。

ポスターのデザインがわからないのならば、街中に貼られているポスターをじっくり観察してみましょう。
街中にあるポスターは、緻密な計算の元でデザインされたものばかりです。
デザインノウハウ本を購入するよりも、街にあるポスターを眺める方が何百倍も勉強になります。

・デザイン事務所のウェブページにあるサンプルを見る
デザイン事務所のウェブページに掲載されている、デザインのサンプルも見ておきましょう。
見るのはポスターだけでなく、できるなら、デザイン事務所が過去に手がけたもの全て見ておきたい所です。
見ておくべきポイントとしては、デザインの良し悪しは言うに及びません。
でもデザインの良し悪しよりも、デザインの傾向を見ておきたい所です。
デザイナーと一言で言っても、色んな人がいます。
基本的にはクライアントの要求通りにデザインしますが、人間が手がけている以上、デザイナーのクセもデザインに反映されることがあります。
デザイナーのクセがある程度わかれば、どういうポスターに仕上げてくれるのかも、自ずとわかるようになるでしょう。

・デザインは理屈ではなく本能
ただ中には、「デザインはよくわからない」という方もいらっしゃるかとおもいます。
「デザインがわからない」という方に共通していることは、理屈で物事を考えている点です。
ポスターだけに限った話ではありませんが、世の中にあるありとあらゆるデザインは、理屈では説明できないものばかりです。
理屈で説明できない事柄を理屈で理解するのは、不可能です。
本当に良いデザインとは、理屈ではなく、本能に刺さるものを言います。
本能に刺さるからこそ目に留まり、惹かれるのです。
だから良いデザインを見極めるのなら、自身の中に眠る本能に素直に従って下さい。

・デザインサンプルからわかること
デザイン事務所のホームページに掲載されているポスターや過去のサンプルをいくつか見れば、自ずと作りたいポスターも見えてきます。
自身のセンスも磨かれるので、正に一石二鳥です。
そして本能に刺さるサンプルを見つけたのなら、直ぐに問い合わせしてみましょう。
デザイン事務所にもよりますが、依頼が立て込んでいると、制作に時間がかかることがあります。
もしポスター制作を依頼するのなら、なるべく早い目に済ませるようにして下さい。

ポスターデザインについて | 11月28日更新