YR Gallery – ポスターのデザインはプロに依頼しよう
Home » ポスターデザインについて » グラフィックデザインについて
ribbon

グラフィックデザインについて

・グラフィックデザインとは
グラフィックデザインとは、平面に描かれているデザインのことを指します。
例えばポスター・雑誌広告・新聞・フライヤー・商品パッケージ・ロゴも、全部グラフィックデザインです。
グラフィックデザインは、知らない所で活用されています。

例えば路線図です。
普段なにげに眺めている路線図も、歴としたグラフィックデザインです。
路線ごとに色が分かれており、目的地までのアクセスを示してくれます。
路線図こそ、究極の「グフラフィックデザイン」と言っても過言ではありません。
意外な所で商品に描かれているバーコードも、グラフィックデザインの一種です。
スキャナーで読み取りやすいようにデザインされたバーコードは、近未来のグラフィックデザインです。

・グラフィックデザインは誰でもできるのか?
もし「グラフィックデザインぐらい誰でも簡単にできる」と口が滑ってしまうと、炎上は免れません。
グラフィックデザインの世界は奥が深く、現役で活躍しているデザイナーですら、答えが見つかっていない状態です。

例えば、新メニューの広告チラシのデザインを考えるとします。
素人考えならばチラシ上部に派手な色で「新メニュー登場」と書き、下に新メニューの写真を貼り付けるだけで済ませるかとおもいます。
しかし単純に新メニューがあることだけを知らせているだけになるので、お客様が新メニューを頼むことはありません。
しかしデザイナーの手にかかると、新メニューが如何に美味しいのかを視覚的に訴えることができます。
凄腕のデザイナーともなれば、広告チラシだけでお客様のお腹を鳴らすことができるでしょう。
デザインの持っている力は、想像以上に大きくなっています。

・グラフィックデザインとポスター
グラフィックデザインは、ポスターとも大きな関係があります。
素晴らしいデザインが施されているポスターとなると、文字を見なくてもメッセージが伝わるようにできています。
逆に絵や写真がまったくなく、文字だけで表現しているポスターもあります。
文字そのものがデザインの一種となっており、顧客へ強いメッセージを訴えかけているかのような仕上がりです。
ポスターの仕上がりを大きく左右するのは、グラフィックデザインの良し悪しです。

・ポスターをデザイナーに頼む理由
プロにポスターのデザインを頼む大きなメリットは、グラフィックデザインの土台がしっかりしているポスターが仕上がることです。
土台がしっかりできていれば、シンプルデザインのポスターでも、人を惹き付けることができます。
人を引き付けられるポスターができれば、大きな結果へと繋がるでしょう。

ポスターデザインについて | 11月28日更新